井上FP事務所の井上ヨウスケです。YouTubeやUdemyなどで金融リテラシー向上に役立つ情報を発信しています。

井上ヨウスケさんにリクエスト

投稿して欲しいテーマ・お題のリクエストや質問を匿名で送ることができます。

過去の回答
初めまして。お聞きしたいことがあります。
井上さんはポートフォリオの管理をどのように管理していますか?
個人的に目に見えてわかるのが好きなので、投資信託やETFに資産の何%を投じているか一目でわかるアプリやチャートを探しているのですが、なかなか見つかりません。
もしご存知でしたら教えて欲しいです。
毎週配信楽しみに見ています。

保険について質問です。
同居している義母から保険を見直してほしいと頼まれました。
現在55歳で働きに出ています。貯蓄は150万ほどあるそうです。
生命保険と医療保険にはいっていて、月15000円ほど支払っているそう。受取り人は娘(私の妻)です。

生活費として月五万頂いていて、住宅ローンの返済の足しにしている現状でそれが無くなると若干生活に支障があります。

このような状況で、月額の支払いをできるだけ抑えれるような最適解はどのようなものになりそうでしょうか、ご教授頂ければ幸いです。
いつも参考になる動画をありがとうございます。

個別株の扱いについて質問です。
現在、生活防衛資金は1年分ほど確保しており、つみたてNISAと特定口座で全世界株式を中心に積立を行っています。生活や積立投資に必要なお金は不足していません。

投資初心者の頃に、勉強のためと思って100万円ほど購入した個別株が、現在15%ほどの含み損を抱えています。

現時点では、投資は分散投資を軸にして行いたいと考えており、個別株はその軸に沿わないので、売却しようと考えています。

ただ、感情的な話で恐縮なのですが、含み損を抱えている状況で売却するのも損な気がして、迷っています。含み損は莫大というわけではないのですが…

・含み損が解消されたら売る(ただし、そこまで上がる保証はない)
・次に配当金を貰ったら売る
・塩漬けにして配当金だけもらい続ける

など色々案を考えたのですが、いまひとつ決断がつきません。考え方のアドバイスなどいただけると有り難いです。よろしくお願いします。
資産配分についての質問です。
去年から積立NISAで毎月以下の銘柄に投資を行っています
・eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)
→3000円
・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
→2000円
・楽天・全世界株式インデックス・ファンド(オールカントリー)
→3000円

今はどの銘柄もプラスなのですが暴落が起きた場合を考えると現金や国債も買っておくべきなのかな、と思うのですが他の方の動画を見てみると「長期運用だったり、貯蓄や現金がある程度あるなら株式100%でもOK」という意見もあって迷っているのですがどうするべきでしょうか?

ちなみに現在20代で手取り25万、貯蓄約120万です
楽しく動画を拝見しております。60代前半の者なのですが今までネットバンクに預金してばかりいました。積立NISAやドルコスト平均法のお話に触発されて積立投資してみたくなりました。しかし20年後は自分は80代になっており、その年齢で投資結果の判断ができるか不安もあります。10年程度の積立投資ですと債権重視の投資信託に積立する方法がいいでしょうか。よろしくお願いいたします。
初めまして。いつも動画を見て勉強しています。
現在学生で、月に積み立てnisaを満額にして、さらに投資に回せる資金が1万円前後なのですが、この資金で高配当ETFもしくは個別株などを購入してみたいなと検討しています。買えるのが1〜3株程度なのですが、1株だけ所有していても、手数料などデメリットのほうが多かったりするのでしょうか?
はじめまして。

いつもYouTubeで勉強させていただいております。

私は、自営業で整体院を経営をしております。
整体の仕事はとても好きで、現在の経営状況も生活できるレベル位ではあるのですが、自営ということ、近日中に結婚を予定しており、お金に対しての不安が漠然と出来て、お金の勉強を始めました。

YouTubeでお金関連の配信されている方の動画を見たり、自分でもお金の本を買ったりしていく中で、もっと深めていきたいと思い、FP 3級の資格も取得しました。

僕も含め、世の中にはお金のことで漠然と不安を感じている方がたくさんおられると思います。

FPの仕事に魅力を感じました。

多くの方が、お金関連のYouTube配信をされている中で、井上さんの動画も見させていただいたのですが、他の配信者よりも視聴者に寄り添うようなお話をされているように感じ、とても魅力を感じました。

僕は整体の仕事は好きなので、続けていきながら、副業として独立FPにも興味を持ち始めました。

井上さんはどのようにして、今のようなFPになられたでしょうか?

どこかに就職して実務経験をつまないといけないのでしょうか?

自営をしており、どこかに就職すると言う事は難しいので、独学でやりたいと思っています。

僕がやりたい事は、お客様に対して保険を売ったり投資を勧めたりするのではなく
お客さんが漠然と抱えるお金の不安を一緒に解決し、お金に縛られないお客様らしい生活をサポートすることができるFPなりたいなと思っています。
(このような形で、収益を上げる方法などもありましたら、教えていただけるとありがたいです)

アドバイスいただけると幸いです。

よろしくお願い致します。
保険や年金制度の仕組みや根拠の説明も含めた解説動画を配信いただきありがとうございます。
心理的負担にまで配慮した繊細なアドバイスに感心しつつ拝聴しております。

質問内容ですが、親の介護が必要となり、海外から日本への帰国を検討中で、両親の介護が続けば、50代前半の現在から自らのリタイア生活が始まる可能性もあるため、日本で老後を過ごすための資金計画の目途をつけたいと思っております。

【資産状況】
日本の預貯金:1800万円
日本の公的年金:厚生年金は3年程度納付履歴あり
国民年金は海外在住中の任意加入はしていなかったため未納
(但し、過去に短期帰国時2ヶ月分程納付履歴あり)
日本へ帰国後は、国民年金強制加入により納付予定
日本の民間個人年金:55歳より年間90万円支給の終身型年金 (完納済)
日本での相続予定:2500万円程度の現金
米ドルの預貯金:$170,000 ($1=\100換算で1700万円程度)
米国の公的年金:67歳から受給できるが受給開始時には支給額の減額が予定されており、ドルから円への換金や両国間の協定で日本の年金受給額の半額分が米国年金の支給額から差し引かれるため、月額$400(約4万円)あれば良い方だと思われます。
米国の401K:$27,500(約2,750,000円)程度を保有

【質問事項】
Q1. 国民年金強制加入開始後、年数を遡っての年金納付や国民年金機構の付加保険料支払いなどを行った方が良いでしょうか。

Q2. 独身のため老後は親の持ち家に居住予定で月額の支出は余裕を持った金額で20万円程度と考えておりますが老後生活をおくる上で問題はないでしょうか。

Q3. 日本の健康保険は手厚いため医療保険の加入はさほど必要ではないとのお話でしたが、私の資産状況においても個人的な医療保険の加入は不要でしょうか。

Q4. 50代以降の資産形成は守りに重点をおくのが原則という考え方に非常に賛同しており、現資産を減らすリスクは避けたいと思っておりますが、私の資産状況において預貯金を使用してでも何らかの運用を考える必要があるでしょうか。

Q5. 米国の401K$27,500を米国内の投資会社が発行する年金商品への預け替えを勧められています。59歳半まで引き出しができないお金なので元本が減らず少しでも利益が得られるなら預け替えて、日本よりは良い利率が期待できる米国で運用する方が良いかと思っておりますが、FIXED INDEXで運用される商品のようで、井上さんの動画中ではINDEXは20年預けられないと利益が期待できないというお話だったので、預け替えを行うべきか否か不安を感じ始めております。どうすべきでしょうか。

ちなみに勧められているのはAtheneという会社のPerformance Elite 10という商品です。
商品の特徴として案内されているのは、
	10年間預けると元本割れすることは無い
	利益率の底とトップ(キャップ)が決められているため、経済が悪い時でも金利0%でマイナスになることは無い
	過去20年の実績から予測されている利益率は5~6%
	2年ごとに利益分配率と手数料が見直され設定されるが2%程度が手数料となると思われる
	預入後10年未満は資産価値と解約時払戻金額に差額が発生する(10年未満での解約は元本減額)
	預入後10年未満に死亡した場合は、死亡保障としてその時点までの金利も含めた全額払い戻される
	預入後10年以上経過したら資産価値、解約時払戻金額、死亡保障額が同じ金額となる
	預入後10年以上経過したら一部の引き出しも可能
	預入後10年以上経過した後に死亡した場合は、利益も含めた口座残高全額が死亡保障として支払われる
	2%程度の費用を支払い、利益率のキャップを外すオプションを利用することで経済成長に推移した高い利益の分配率で運用することができる

見積りとして提示された内容では、オプションを組み込み年利予測10.93%で$27,500を預けた場合、10年後$66,463、20年後$159,398と試算されていました。
コロナ後の経済回復がどうなるかなどの不安要素もあるため過去20年の実績が果たして信頼できる情報となり得るのか・・とも思っております。

長くなってしまい申し訳ありません。
アドバイスいただけますと幸いです。